2020年2月25日(火)、25名が参加し、Queensland州政府水素関連施設2か所を訪問しました。

Redlands Research Facilityでは、Queensland工科大学(QUT)のご協力により、集光型太陽光発電設備を見学するとともに、計画中のRenewable Hydrogen Process Research and Developmentパイロットプラントの説明を受けました。
また、Griffith大学 では、Sir Samuel Griffith Centreを訪問し、実運用中のオフグリッドシステムを見学、水電解水素の吸蔵合金による貯蔵設備等を間近に見られる貴重な機会でした。

水素分野に係る州政府の狙いや、ベースとなる周辺技術を理解する上で有意義なツアーとなりました。

キャプチャ