1月14日(月)に、2018年度第四回勉強会が開催されました。
今回は、みずほ銀行の国際為替部チーフマーケット・エコノミストの唐鎌(からかま)大輔氏、アジア・オセアニア資金部シドニー室の今村加奈子氏を講師としてお迎えし、「2019~20年主要通貨為替見通し」及び「2019年の豪ドル予想」についてご講演いただきました。 

講演では、米国や世界経済、金利の動向に加えて、テクニカル分析の解説も含めて、今後の為替見通しにつき説明いただきました。皆様方のご関心も高く、33社から68名と多くの方にご参加いただきました。

講演会終了後の新年懇親会は、お正月らしい料理や飾りつけなどにより、とても華やかなものとなり、又、講師の方々との間で活発な意見交換が行われるとともに、会員企業間の懇親を深めることが出来ました。