8月12日に、CLAYTON UTZ法律事務所のパートナー弁護士である加納寛之氏を講師に迎え、JCCI主催による2016年度の第二回目の勉強会が開催されました。

今回は、「豪州M&A取引の実務」をテーマに、豪州におけるM&Aの種類、手続きの流れと注意点、買収後の経営統合等に関する基本的なポイントにつき、日本のM&Aとの相違点にも触れながら、また事前に受講者から頂いた質問事項への回答も織り込んだ、実践的で中身の濃い講演内容となりました。

各会員企業にとりましても、経営戦略に直結する時流を得た内容でもあり、前評判も極めて高く、参加者は34社、60名と大盛会となりました。

講演会終了後は、出席者による懇親会が持たれ、会員相互の交流とともに、さらに講演内容の理解を深める絶好の機会となりました。

DSC_0292

DSC_0297